トピックス
【2017年7月18日】 総会の開催および防犯責任者研修会

総会の開催

福岡県万引防止連絡協議会の平成29年度定期総会を開催し、平成28年度事業報告・決算報告及び平成29年度事業計画・収支予算について審議しました。

平成29年度定期総会

防犯責任者研修会

総会後、福岡県安全安心まちづくり条例に基づき、深夜営業施設及び大規模小売店舗において設置が義務付けられている防犯責任者に対して研修会を実施しました。

○ 研修会内容   
演題「店舗における効果的な万引き被害防止対策」   
講演者 香川大学教育学部准教授 大久保 智生

防犯責任者研修会
福岡県万引防止連絡協議会の取り組み
万引きは犯罪です!

「福岡県万引防止連絡協議会」では、
○ 他業者・他業種間の連携による
  「小売業界が一体となった万引対策」
○ 防犯責任者制度に基づく
  「店舗環境の整備」
○ 万引きをしない・させない・見逃さない運動による
  「罪悪感に訴える対策」
に取り組み、万引きの根絶を目指しています。

万引きを「しない・させない・見逃さない」運動実施中!

「たかが万引き」という風潮の蔓延により、短絡的な動機から犯行を繰り返し、罪悪感が薄れ、やがて強盗などの悪質・凶悪事件に手を染めてしまうケースがあります。
協議会では、万引き犯人の「お金を払えばいいだろう。」という意識や店側の「面倒だから警察には届けない。」などという姿勢を正し、社会全体の規範意識を高めるために、万引きを「しない・させない・見逃さない」運動を推進しています。

万引き事件は全件届出をしましょう!

万引きをお店だけの措置で終わらせてしまうと、犯人に「運が悪かった。」と思わせるだけでなく、警察に通報しない店との評判が広がり被害が拡大してしまいます。
犯行を繰り返させない、お店の万引き被害を減らすために、
万引きは全て警察に届出ましょう!
警察での処理時間も書類の簡素化などから大幅に短くなり、お店の負担も軽減されています。

広告
最適な防犯環境設計はアルコムにお任せください